覚えておきたいマンションの防災対策〜備忘録〜

スポンサーリンク

ご覧いただき、ありがとうございます。



季節ごとに、マンション管理会社から届く冊子に

認識を改めなければと思うことが

書いてあったので、その備忘録です。



もしも被災したら・・・

被災時の対応が戸建てでは常識だけど、

マンションなどの集合住宅では

そうとは限らないケースもあるようです。


〜マンション入居者が知っておくべきこと〜

地震が起きたら

地上階に降りることが必ずしも正しい行動とはいえない。

・エレベーターに乗って閉じ込められる

・階段で降りる途中に転んでケガをする

・途中で余震に襲われるなど二次災害にあう恐れがある

地震後はその場にとどまり、周囲の様子を確認してから

冷静に判断する。


*エレベーターを使うことはしないだろうと思っていたが、
階段が安全というわけでもない。
余震があるかもしれないということを覚えておくこと。

調理中に地震が発生したら

マンションが都市ガスだった場合、

マイコンメーターが内蔵されており、

大きな揺れを感じたらガスの供給が

自動的に止まる。

もし、台所で調理中に揺れを感じたら、

火を止めるよりもまずは

冷蔵庫や食器棚の下敷きにならないために

キッチンから離れる。

*まず、一番に火を消す!と思っていた。
とはいえ、やっぱり火を確認しに行きそう。
キッチンには滞在しないこと、
下敷きの危険を伴うことを覚えておきたい。

竜巻が迫ってきたら

竜巻を見たら、すぐに窓とカーテンを閉めて、

洗面所やトイレなどの窓のない部屋へ逃げる。

被害が出ることを想定して、

スリッパ・携帯電話を避難する部屋に持ち込む。

安全な場所に逃げる時間もない場合、

窓の正面は避け、すぐ脇の壁部分に避難して

身を守る。

*マンションでの地震は、
閉じ込め防止のためトイレ避難NGだが、
竜巻の時はトイレに避難なのか・・・。(窓のない場合)



この機会に、家族にも確認しておきます。

関連記事

防災の日〜災害に対する家庭での備え
防災対策〜災害に対する家庭での備え。簡易トイレ、トイレットペーパー、長期保存の効く飲料水と食料。


☆ブログランキングに参加しています☆
読んだよの印に、ときどき画像↓クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました